住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト

住宅ローンの「借り換え」をすると負担が下がるという話を耳にしたけど本当のところどうなんだろうか?借り換えって面倒なんじゃないの?借り換えをしたいんだけどどうすればいいのだろうか?

 

といったように、住宅ローンの借り換えについては疑問がたくさん出てくるはずです。
「借り換え」とは今住宅ローンを組んでいる銀行とは別の銀行からお金を借りて、そのお金を今借りている銀行に一括返済することで「ローンを乗り換える」ということです。

 

銀行を変更して金利を下げることができれば、月々のローン返済額やローン返済の総額(元金+利息)を小さくすることができます。数千万円という多額の借り入れである住宅ローンだからこそ借り換えは大きな経済的なメリットが生じることになるのです。

 

たとえば、残存期間が25年間で2000万円の住宅ローンで金利の金利を借り換えによって1%引き下げることができた場合、おおよそ300万円もの総返済額を引き下げることができます。

 

だからといって、すぐに借り換え!というのは正しいわけではありません。住宅ローンの借り換えをするのがベストかどうかは、現在のローン状況などによっても大きく左右されます。

「住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト」では、これから借り換えを検討しようかと考えている方にとって、住宅ローンの借り換えの基本や手続き、銀行との交渉など借り換えをするときに知っておきたい基本的な知識を紹介していきます。

==

住宅ローンの基本と借り換えの知識を身につけよう

冒頭で紹介したとおり、住宅ローンや借り換えの基本を身につけて、賢い借り換えを行いましょう。

住宅ローンの借り換えの基本

住宅ローンの借り換えについての基本から、どのようにして交渉や活用をしていくべきなのかという借り換えのやり方について紹介、説明していきます。借り換えを検討しているならまずはここからご覧ください。

 

住宅ローンは借りて終わりではない
借り換えとは何か?
住宅ローン借り換えのメリットとデメリット
借り換えがお得になる水準・目安はどこ?
借り換えを武器に金利交渉する
住宅ローンの借り換えで発生する諸費用

 

住宅ローン借り換え比較

借り換えの経済的効果を高めるには「金利が安く」「手数料が安い」銀行に借り換えを依頼するというのが基本です。また、近年では住宅ローンの獲得競争がすすみ、各銀行とも顧客向けの様々なサービスを提供しています。上手に活用しましょう。

 

借り換えローン選びの前に決めておくべき金利タイプ(固定期間)
住宅ローンの借り換え手続きの流れ

 

住宅ローンの借り換えで知っておきたいワンポイントアドバイス

住宅ローンの借り換えを検討している方にとって必読のぜひ読んでおいてもらいたい住宅ローンや借り換えのテクニックやアドバイスです。

 

団信は加入可否も含めて借り換えを検討しよう
今の住宅ローンは「保証料なし」が増加。借り換えでコスト分以上が戻ることも
リーマンショック前に住宅ローンを組んだ人は借り換えがお得?
フラット35からフラット35への借り換えは可能?

 

 

借り換えにオススメの住宅ローン