住宅ローン借り換え比較

借り換えの経済的効果を高めるには「金利が安く」「手数料が安い」銀行に借り換えを依頼するというのが基本です。また、近年では住宅ローンの獲得競争がすすみ、各銀行とも顧客向けの様々なサービスを提供しています。上手に活用しましょう。

==

住宅ローンの借り換え先を比較して有利な銀行を選ぶ

借り換えの経済的な比較ポイントは「手数料」と「金利」の二つの要素で決めることができます。手数料についてはおおよそ、どの銀行も比較可能ですので、現在のローン残高などを考えて一律に比較することができます。

 

一方のローン金利(借り換え金利)については銀行ごとに異なる上、時期によっても金利は変動することになります。住宅ローン金利はおおよそ1カ月単位で見直しが行われることになっていますので、申込のタイミング等も含めて2,3行は候補となる銀行を考えておくとよいかもしれません。

 

また、借り換えを行う場合ももちろん「審査」があります。
場合によっては審査に落ちてしまうということも十分に考えられます。そういうことを考えても複数の銀行で「ある程度同時進行」させておくことも重要と言えるでしょう。

 

借り換えローン選びの前に決めておくべき金利タイプ(固定期間)

借り換えをしようと思うとき、銀行のスペックなどを比較する前に決めておくべきことがあります。それは「ローン金利の固定期間」です。固定期間は金利にも影響しますし、今後の返済計画にも影響します。まずは、金利タイプの仕組みと状況について紹介していきます。
>>借り換えローン選びの前に決めておくべき金利タイプ(固定期間)

 

住宅ローンの借り換え手続きの流れ

住宅ローン借り換えの経済性などをチェック・シミュレーションしたらいよいよ手続きの実行に移ることになります。大きな流れとしては「複数の銀行に見積もり・仮審査」「銀行選択と本審査」「現在の銀行に一括返済依頼」「契約・融資実行」「旧ローンの完済」「抵当権の抹消・設定」という流れになります。
>>住宅ローンの借り換え手続きの流れ

 

借り換えローンを選ぶ時に注目するポイント

銀行の借り換えローンを選ぶ時、ホームページなどの「どこ」に注目するべきなのかを紹介していきます。基本は「金利」ですが、「事務手数料」や「保証料の有無」、「団信(団体信用生命保険)の有無」なども重要なポイントとなります。このように借り換えローンを選ぶ時にどこを見るべきか?そしてどう判断するべきかを紹介していきます。

 

 


 

借り換えにオススメの住宅ローン