住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト>住宅ローンの借り換えの基本

住宅ローンの借り換えの基本

住宅ローンの借り換えについての基本から、どのようにして交渉や活用をしていくべきなのかという借り換えのやり方について紹介、説明していきます。借り換えを検討しているならまずはここからご覧ください。

==

借り換えやローンについて詳しくなろう

既に住宅ローンを借りる時に、ローンについてはしっかり勉強したという方もいらっしゃいますが、不動産会社などのお勧めに従って借りたという方も多いそうです。

借り換えでお得になる。という話は聞いたことがあっても、それがどのようなものなのか?ということもまで把握している人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

この「住宅ローンの借り換えの基本」は住宅ローンの借り換えや、ローンについての基本的なポイントを紹介しています。一通り読んでいただければ、借り換えというものがどういうもので、自分たちがどう行動すべきなのか?ということが分かるように順序立てて説明していきます。

ぜひ上手にご活用下さい。

 

住宅ローンは借りて終わりではない

住宅ローンは多くの人にとって数十年間付き合うものです。また、金額も大きいため利息だけでも多くのコストを銀行に対して支払うことになります。それだからこそ家計にとって少しでも有利になるように「メンテナンス」していくことが大切です。それによって家計が大幅に助かるというケースも少なくありません。
>>住宅ローンは借りて終わりではない

 

借り換えとは何か?

そもそも住宅ローンの「借り換え」とは一体どのような制度なのでしょうか?借り換えって聞いたけどそもそも良く意味がわからないという人のために住宅ローンの借り換えとは何なのか?ということを説明していきます。
>>借り換えとは何か?

 

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットを考えよう

借り換えをした時の経済的なメリットとデメリットについてより詳しく見ていきます。借り換えは金利を引き下げることで月々の負担や、総返済額を減らせるというメリットがあります。その一方で、借り換えに伴う手数料や税金等の諸経費が必要となります。借り換えの是非はこのバランスで判断をする必要があるわけです。
>>住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

 

借り換えがお得になる水準・目安はどこ?

住宅ローンを借り換えするときの大きなポイントは「未返済残高」「返済期間」「借り換えによる金利引き下げ幅」の3つが大きく関わってきます。一般的には1000万円以上、10年以上、1%以上の金利差があれば借り換えを行うべきとされます。ここでは、こうしたローンの借り換えを行うべき水準と考え直すべき水準について検討していきます。
>>借り換えがお得になる水準・目安はどこ?

 

借り換えを武器に金利交渉する

ちなみに、住宅ローンの金利負担を下げる方法は「借り換え」だけではありません。今の銀行に金利交渉をして引き下げてもらうというのも一つです。特に借り換えをすることで経済的な効果が得られる水準でしたら、銀行側もそれを材料として金利交渉に応じてくれる場合もあります。この場合、手数料などの諸経費がかからないため、結果的に借り換えよりもメリットが大きい場合もあるのです。
>>借り換えを武器に金利交渉する

 

住宅ローンの借り換えで発生する諸費用・税金

住宅ローンの借り換えにおいてネックとなるのは借り換えで発生する様々な諸費用や税金です。ただ、この諸費用は一律ではなく銀行や利用者の状況によっても変わってきます。ここでは住宅ローンの借り換えに必要な諸費用及び税金などのコストをまとめていきます。
>>住宅ローンの借り換えで発生する諸費用・税金

 


 

借り換えにオススメの住宅ローン