住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト住宅ローンの借り換えの基本>住宅ローンの借り換えで発生する諸費用・税金

住宅ローンの借り換えで発生する諸費用・税金

住宅ローンの借り換えにおいてネックとなるのは借り換えで発生する様々な諸費用や税金です。ただ、この諸費用は一律ではなく銀行や利用者の状況によっても変わってきます。ここでは住宅ローンの借り換えに必要な諸費用及び税金などのコストをまとめていきます。

==

今借りている銀行に対して支払う費用

借り換え前の元の銀行に対して支払う費用としては「繰上返済手数料」が必要となります。この繰上返済手数料を無料にしている銀行も増えていますが、多くは「一部」繰上返済だけが無料になっており、借り換え時に行う「全部」繰上返済は有料となっているところが多いです。

 

全部繰上返済手数料(全額繰上返済手数料)
おおよそですが1万円~3万円くらいの手数料を設定しているところが多いです。

 

借り換え先の銀行に対して支払う費用

借り換えローンを組む時、借り換え先となる新しい銀行に対して支払う手数料があります。

 

事務手数料:3~10万円程度の定額あるいはローン総額の1~2%程度
ローン事務にかかる手数料です。残高の多い住宅ローンの場合、2%の事務手数料でもかなりの金額になる場合があります。これがコストとして大きいですね。
仮に2000万円の借り換えで2%の事務手数料なら40万円もかかることになります。

 

保証料:
保証料なしから保証料ありの銀行への借り換えだとかなりの負担が生じます。保証料は保証会社によって異なりますが、仮に20年、2000万円のローンだと40万円くらいが保証料として必要になります(一括払いの場合)。

逆に保証料ありから保証料なしへの銀行に借り換えする場合、すでに一括払いしている場合は、この金額程度が戻ってくることになりますので、プラスの経済効果となります。

(参考:住宅ローンは「保証料なし」が増加。借り換えで保証料が戻る

 

税金や印紙代、その他の費用など

住宅ローンの変更に伴う「抵当権の抹消費用や再設定費用」「印紙税」「登録免許税」などがかかります。

 

抵当権抹消費用
借り換え前の銀行の抵当権を消す為の費用です。1000円。

 

登録免許税(抵当権の設定登記にかかる税金)
借入金額の0.1%(条件を満たした場合。満たせない場合は0.4%)。
仮に2000万円の借り換えをするなら2万円ということになります。

 

印紙税
抵当権設定契約書に添付する印紙代が必要になります。ローンが1000万円以上、5000万円以下の場合は2万円となります。

 

司法書士に対する報酬
一般的には5万円~10万円程度を見ておくとよいでしょう。ちなみに、自分で様々な手続きをやるならこの費用は無料にできます。ちなみに、専門家ならともかく素人が自分で登記手続きなどをしようとすると銀行からは嫌な眼で見られることもあります…。

 

 

これらの金額を計算の上、金利低下による借り換えによる経済効果が高いか、それとも低いのかを判断されると良いでしょう。

 

 

借り換えにオススメの住宅ローン