住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

借り換えをした時の経済的なメリットとデメリットについてより詳しく見ていきます。借り換えは金利を引き下げることで月々の負担や、総返済額を減らせるというメリットがあります。その一方で、借り換えに伴う手数料や税金等の諸経費が必要となります。借り換えの是非はこのバランスで判断をする必要があるわけです。

==

借り換えによるメリットとデメリットを比較しよう

借り換えとは?」でも説明しましたが、住宅ローンを借り換えして金利を引き下げることによって経済的なメリットが生じることになります。

 

その一方でデメリットというのは「借り換えにともない発生する手数料や税金」といったコストです。意外とこのコストというものはバカにできません。

 

わずかな金利差ではこのコストを吸収することがができないため、借り換えローンの金利次第では、やらない方がマシという事になりかねません。

 

そのため、住宅ローンの借り換えを検討するときは借り換えによる経済的なメリットとデメリットを比較した上で確実に利益が出るというケースのみ行うようにしましょう。

 

借り換えによるメリットを計算しよう

まずはメリット部分である「経済的な利点」をシミュレーションしましょう。

この計算については全国銀行協会が提供している「借り換えシミュレーション」がおすすめです。借り換え前と借り換え後の月々の返済額や総返済額などを計算してくれます。

 

現在のローンと借り換えローンの金利が分かればざっくりと試算可能です。
試しに、2000万円の未返済額があって、残りの期間は25年、金利は3%だとします。借り換え先のローンは金利が2%だとします。

 

この時の経済メリットは「おおよそ300万円」と計算することができます。

 

次に借り換えによる諸経費やコストを計算しよう

上で計算した利益は手数料等をまったく考慮しなかった場合のメリットです。
借り換えの場合には下記のような手数料が発生することになります。借り換えローンを利用する場合、借り換え先の銀行で「新規借入時」と同様の手数料等がかかるためです。

 

印紙代:2万円
事務手数料:3万円程度~60万円程度まで (2000万円の借り換えのケース)
抵当権設定費用:2万円程度
保証料:金利にプラス0.3%程度。必要無い銀行もあります

 

特に大きいのが「事務手数料」という部分です。これは借り換え先の銀行によって金額に大きな差が生じます。上記のケースでは借り換えによって10~70万円くらいの費用がかかる可能性があるということになります。
より詳しくみたい場合は「借り換えローンにかかる費用・手数料」をご覧ください。

 

今回のケースでは300万円ほどの経済的なメリットと70万円程度の手数料ということなのでトータルでは200万円超のメリットが得られるわけですので、借り換えをする方が良いということになります。

 

条件次第ではコストの方が上回るケースもあるということを理解しておく必要があります。


 

借り換えにオススメの住宅ローン