住宅ローンは借りて終わりではない

住宅ローンは多くの人にとって数十年間付き合うものです。また、金額も大きいため利息だけでも多くのコストを銀行に対して支払うことになります。それだからこそ家計にとって少しでも有利になるように「メンテナンス」していくことが大切です。それによって家計が大幅に助かるというケースも少なくありません。

==

住宅ローンも状況に合わせて「メンテナンス」しよう

住宅ローンは普通の人がする最大の借金だと思います。
そして長期間にわたって返済していきます。

 

それだからこそ、金利がちょっと変動するだけでも月々、年間に治すとかなり大きな違いが出る異なります。代表的なものに「繰上返済」があります。これは月々の返済に上乗せして返済をすることで、以降の返済額を減らしたり、返済期間を短縮させたりできます(結果として金利負担も小さくなります)

 

また、状況によっては条件見直しも有効です。
借りた時から何年もたつと経済状況なども変わってくるかと思います。

 

たとえば、当初よりも収入が増えるなどして月々の返済もより多く返せそうなら、繰上返済だけでなく返済プラン自体を見直すということもできます。銀行に行ってプラン変更の相談をするというのも一つの手です。結果として月々の返済額を増やす、返済期間を短くするなどして総返済額を圧縮することだってできます。

 

このほかにも、本サイトで中心的に解説する「借り換え」というのは別の銀行にローンを付け替えるというものです。詳しくは「借り換えとは何か?」でも説明しますが、もっと有利なローンに切り替えることができれば金利を下げるなどの効果が期待できます。

 

なお、状況によっては現在の銀行でローン条件・プランの変更交渉をするなかで「借り換えを武器に金利交渉する」などでも紹介しますが、その中で金利引き下げも可能になるかもしれません。

 

 

有利な条件で返済を続けることできるように注意を払おう

借り換えとか面倒とか、住宅ローンとか難しいからよくわからないといって、銀行に丸投げしているというような状況だと勿体ないです。

金利が少し変わるだけで月々のローン返済額が●万円単位で変わることもありますし、トータルでの住宅ローン返済額が数百万円単位で変わることだって十分に考えられます。

 

家計に対しても劇的な改善効果を見せることもありますので、住宅ローンを組んでいる方は定期的にローンの見直しを検討してみるべきだと思います。


 

借り換えにオススメの住宅ローン