住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト>住宅ローンの借り換えで知っておきたいワンポイントアドバイス

借り換えで知っておきたいワンポイントアドバイス

住宅ローンの借り換えを検討している方にとって必読のぜひ読んでおいてもらいたい住宅ローンや借り換えのテクニックやアドバイスです。

==

借り換えで後悔しないためのポイントを知ろう

住宅ローンの借り換えというと「面倒」と思う方も多いかもしれません。また、単純に金利だけを比較してお得だと飛びついてしまい、後から後悔するという方もいらっしゃいます。

このページは借り換えローンを検討している方にとってぜひとも抑えておきたいポイントを1ページ、ワンテーマで紹介していきます。

 

  1. 団信は加入可否も含めて借り換えを検討しよう
    団信は万が一ローン契約者が死亡した場合に、遺族に住宅ローンという負債を残さないための生命保険です。これは遺族にとっての保障になります。この団信は保険ですから、健康状態によっては加入できない。というケースもあります。借り換えを行う場合はこの加入ができるかどうか?という点も含めて一度考える必要があります。
  2. 今の住宅ローンは「保証料なし」が増加。借り換えでコスト分以上が戻ることも
    住宅ローンを借りる時にかかる「保証料」。これは銀行の保身のためのコストであり、本来的には契約者から見れば無意味は費用です。最近ではネット銀行系の住宅ローンを中心に「保証料を無料」とするところも増えています。上手に利用すれば借り換え費用以上が戻るような場合もあります。
  3. リーマンショック前に住宅ローンを組んだ人は借り換えがお得?
    リーマンショック前の2005年~2007年ごろ、戦後最長の景気回復を迎えていました。住宅ローンの金利を決める要因となる長期金利も今と比べると高く、結果的に住宅ローンも今よりもかなり高い金利で設定されていました。このころに住宅ローンを組んだ方はかなり高い確率で借り換えによる経済的メリットが受けられるはずです。
  4. フラット35からフラット35への借り換えは可能?
    長期固定金利が人気の「フラット35」ですが、申し込みをする銀行を変えればフラット35による借り換えも可能です。長期固定金利だからこそ、金利が大きく下がっているタイミングで借り換えをするのは大きなメリットがあります。

 


 

借り換えにオススメの住宅ローン