団信は加入可否も含めて借り換えを検討しよう

団信は万が一ローン契約者が死亡した場合に、遺族に住宅ローンという負債を残さないための生命保険です。これは遺族にとっての保障になります。この団信は保険ですから、健康状態によっては加入できない。というケースもあります。借り換えを行う場合はこの加入ができるかどうか?という点も含めて一度考える必要があります。

==

健康状態によっては借り換えの検討もちょっと待とう

団信(団体信用生命保険)という保険があります。
これは、「万が一ローン返済中に契約者が死亡した場合、残りの住宅ローンの債務を肩代わりする生命保険」です。

 

つまり、ローン返済中に死亡した場合、遺族にはローンが全くない「マイホームをそのまま遺す」ことができるという保険です。

 

多くの住宅ローンではこの保険への加入が「義務」となっています。実際ほとんどの民間の住宅ローンではすでにローン金利にこの保険料が組み込まれています。

あんしんできる制度である一方でこれが借り換えの時に「ネック」となる事があるのです。

 

生命保険の見直しで生命保険が不要になる

団信は生命保険の一種です。
多くの日本人は結婚したり、子供が生まれると、子供のために世帯主(稼ぎ手)は生命保険に入ることが多いでしょう。

 

マイホーム購入時はいわゆる「保険の見直しタイミング」としては非常に大きなイベントです。団信に加入することによって多額の保障が追加的に得られることになりますので、マイホーム購入を機に通常の生命保険の保障額を削ったり、解約する人もいます。

 

これは「生命保険はできる限り入らないのが基本」という考え方からすると非常に合理的ですし、そうするべきです。

 

それが住宅ローンを借り換えするときは健康状態によっては問題になることもあります。

 

借り換え時に生命保険(団信)の審査に通らない

団信も生命保険ですから、加入時には審査があります。健康であれば問題ないのですが、持病を抱えている、通院歴があるなどの保険にとってネガティブな情報があると加入できなくなる可能性があります。

過去の契約は有効ですが、新規の契約ができなくなるというものです。

 

保障が団信のみという場合、住宅ローンの借り換えは一度団信を解約して新しい団信に加入し直すという流れとなります。こういうケースでは借り換え時に団信の審査に通らずに、保険に入れないということもあります。

 

こうなってしまうと、万が一のための保障が小さくなってしまうという状態となります。それでも大丈夫という人もいるかもしれませんが、子供も小さいし無保障になると怖い(ローン返済中に死亡した場合は負債を遺族に残すことになるのが怖い)という方は、借り換えの前に健康状態も含めて、一度考えておく必要があります。


 

借り換えにオススメの住宅ローン